Back to top

校医と主治医で意見が違う場合は、どのようにしたらよいでしょうか?

学校行事への参加や運動の可否について、保護者を通じて、主治医と校医の双方に情報が伝われば、意見の違いが生じることはないように思われます。行事の事前検診や定期の内科検診の前には、必要に応じて、保護者に主治医からの意見書や診断書の作成をお願いし、校医に見せるとよいでしょう。