Back to top

卒業後はどのような進路がありますか?

てんかんがあっても、ほとんどの子どもは大学に進み、社会で活躍しています。てんかんの背景に対応が必要な疾患や状況がある場合は、それに応じて進路を考える必要があります。
就職する場合は、てんかん発作の程度、障害があるかないか、仕事の特性などにより、本人にもっとも適性のある職業を選択することになります。発作が起こったときに危険度が高い職業(高所での作業や機械の運転など)は注意が必要です。

卒業後はどのような進路がありますか?